失敗しない鼻整形の考え方

構造

鼻を気にせず生活する女性

鼻の形や構造は、非常に細かな部分によって形成されている。
鼻自体の役割とは、呼吸するという部分である。
そのため、空気を取り込みやすいように鼻孔部分が発達している。
鼻の高さや鋭さは、鼻の骨や軟骨によって大きく変わってくる。
鼻の骨に沿う形で軟骨は形成されている為、鼻筋や大きさを整える上でも、鼻の骨は重要なものといえる。
子供の頃は、骨や軟骨がまだ完全に形成されておらず、この時期に鼻に大きな衝撃を加えると、形が崩れてしまうという状況にも陥りやすいのである。
そのため、注意しておく必要がある。
鼻の頂点には軟骨が集中しており、この軟骨部分が鼻の骨や鼻孔部分を大きく守っている。
鼻整形においては、この軟骨部分を切除するというケースが非常に多い。
それぞれ把握していく必要があるだろう。

団子鼻や横に広がった鼻などは、鼻の軟骨が影響している場合がある。
鼻整形を行う上で、鼻内部の余分な軟骨を除去することで、理想的な鼻の形を形成することが可能になるのである。
また、鼻整形においては鼻の骨を削る必要も存在している為、大きく切開する可能性も存在している。

鼻の軟骨や骨は、比較的頑丈にできてはいるものの、ふとした衝撃で折れたり潰れたりすることもある。
更に、鼻を強い力で押さえる、挟むといったことを長時間に渡って継続すると、内出血を起こし、これが慢性的になることで形が変わってしまうおそれがある。
そのため、鼻に強い力を加え続けることは行わないようにしたい。
こういった部分をしっかり理解していくことで、どのようあん処置を施せばよいかがわかってくることだろう。