失敗しない鼻整形の考え方

軟骨の切開

鼻が整って自信ができた女性

鼻の形に不満を持つ方々に多いのは、団子鼻である。
鼻の頂点が丸く、横から確認するとぷっくりとしていることが確認出来る。
鼻の形を整える上で非常に問題となる部分と言われ、多くの方々がこの問題に悩んでいる。
この問題を解決するべく、鼻整形の方法は非常に大きく発展してきた。
そのため、近年では多くの方々が悩みを解決している状況といえる。

この団子鼻の原因は、鼻の頂点付近の軟骨によるものだといえる。
鼻の頂点を形成する軟骨は、余分な部分も多く存在している。
そのため、この余分なところが鼻の形を広げているといえるのである。
こういった部分を除去することで、団子鼻を解消することができる。
鼻の裏側から処置を行う為、切開による傷も目立たないことから、非常に優良な方法といえる。

更に、鼻の余分な軟骨を逆に移植することで、鼻の形を尖らせ、団子状から脱却させるという方法も存在している。
この方法は、非常に大きなものとなるといえる。
鼻整形を行う上で大切なことは、切開した際の傷をどのように自然に見せるか、という部分と、処置後の形をどの様に自然に見せるか、という部分である。
非常に大きな問題となり得る為、様々な方法が摂られているのである。